体験記 資格習得中の方 

約 2 分

ロルフメソッド=ストラクチュラルインテグレーション

米国アイダロルフ博士によるカラダに働きかけるメソッド

ストラクチュラルインテグレーション

私がロルフメソッドを知ったのは、母親の紹介でした。セッションを受けてカラダの調子がよくなった母親が、「あなたも受けてみたら?」と誘ってくれたのです。
何がどういいのかは、よく分からなかったのですが、とりあえず、受けてみようと思いました。
1回目のセッションを受けた後、足が軽いのにどっしりと立っている感覚がありました。
何回かセッションを受けた後には、就寝時の腰痛が無くなっていることに気が付きました。
私は周期的に、寝ているときに、腰から下の部分が無性にだるくなって(痛くなって)、起きてしまうということがありました。それが、いつの間にか無くなっていたのです。
そして、以前は電車に乗って出掛けると、帰宅後は疲れてしまい、いったん休憩してからでないと家事ができなかったのに、帰宅後すぐに動けるようになっていました。
いつからそうなったのか、はっきりとは言えませんが、セッションを受けてからであることは確かです。このカラダの変化にとても驚きました。これは、セッションが終わった今でも続いています。
また、自分のカラダに対する意識も変わりました。
歩いているとき、カラダのどこが動いているのか。立っているときの足の位置や、自分の姿勢。首の調子。以前は感じなかったことを感じています。
最後に、私にとって気持ちのいい環境でセッションを受けられたこと、貴重な経験をさせてもらえたことに感謝しています。
本当にありがとうございました。



Leave A Reply

*
*
* (公開されません)